目の下のくまとたるみを痛み無しで解消するためには

若返りのために、目の下のたるみ手術を受けよう
目元の印象を良くするための美容整形
自分に合った美容整形でほうれい線を改善しよう

痛みなく目元のくまとたるみを無くす

目元のくまとたるみを安全に取る施術法があります。症状に合わせて選ぶことが大事なので、どのようなものがあるのか見てみましょう。

くまやたるみが出来る原因

目の下のくまとたるみの内、くまは主に血行不良で起こります。これは、目の下のたるみが原因で誘発されることもあるので要注意です。目の下のたるみは、目の下の皮膚がたるんだり、目の下の脂肪が下がったりして膨らむことで起こります。

くまの種類ごとの施術方法

目の下のくまは様々な原因が重なって起こるので、大阪などの美容整形クリニックで行なう施術方法でもいくつか種類が用意されています。

黒くま
「黒くま」は、目の下のたるみや膨らみが目の下に影を作ることで、表情を暗く老けさせます。凹凸が原因であるため、目の下の脂肪やたるんだ皮を取り除くことが最も効果的な施術法です。その他には、ヒアルロン酸を注入することでも治療できます。人によって目の下の脂肪が元々多かったり、骨格の関係でできやすかったりするため専門医に相談すると良いでしょう。
茶くま
目の下のくまやたるみを目立たせるものとして、「茶くま」があります。茶くまは、日焼けやしみ・そばかすが原因で起こります。色素沈着が原因で目元に暗い印象を与えるため、日焼けを気にしたことがないという人も要注意です。沈着してしまった色素をレーザーや高周波で取り除く施術法があります。

くま解消でたるみも良くなる

目の下のくまとたるみには相互関係があるので、どちらかを改善すればもう一方も改善できる可能性があります。くまの治療で「脱脂術」がよく行なわれますが、これは目の下のたるみを取るときにも行なわれます。症状によっては目の下のくまとたるみを同時に解消できることもあるので、信頼できる大阪などの美容整形クリニックで早めに相談することが若返りへの近道です。

「脱脂術」以外のたるみ取り

目の下のたるみを解消する方法は「脱脂術」以外にもあるので紹介します。自分に合った施術法を選べば、リスクを軽減し理想の美しさを得られるでしょう。


目の下のたるみを解消する施術法を教えて下さい。
ヒアルロン酸やレーザーを使用する施術法があります。ヒアルロン酸はしわ対策の施術法としても有名ですが、目元のたるみ部分に打つことで、凹凸のない明るい目元にしてくれます。この他にボトックスを打つ施術法があり、これは皮膚を引き締めることでたるみを改善するものです。レーザーを使った施術法は、目の下のたるみと共にくすみも取ってくれるため、美白・美肌効果も期待できます。

施術の痛み

大阪などの美容整形クリニックで目の下のくまやたるみを取る際に、最も気になるのが痛みを感じるかどうかでしょう。施術中の痛みの感じ方には個人差があるので一概には言えませんが、脂肪を引っ張るように除去する際、眼の上を圧迫されているような感覚があります。施術内容と患者の体調に合わせて局所麻酔・静脈麻酔・全身麻酔を使い分けるため心配要りません。また、目の下の脱脂術では局所麻酔の痛みをより和らげるために、点眼麻酔やクリーム麻酔も使われるため安心です。

施術に使われる麻酔

目の下のくまを取り除く美容整形では麻酔が使われますが、その安全性に不安を抱えている人もいるはずです。ここで、使用される麻酔について紹介します。

美容整形で行なう麻酔は、量の計算をしてから行なうので安全

目の下のくまを取る施術では笑気麻酔や静脈麻酔ではなく、点眼麻酔や浸潤麻酔、ブロック麻酔にチュメセント麻酔といった局所麻酔を用いることが多いです。局所麻酔は、全身麻酔とは違い痛みを感じる神経だけに作用するため、意識がある状態で施術を行ないます。局所麻酔だけではやはり不安という患者のために、補助として笑気麻酔や静脈麻酔を併せて行なうこともあります。麻酔には鎮静効果があり、施術中の不安や緊張も和らげてくれるからです。患者の体質に合わせて麻酔の量を計算するので、心配する必要はありません。

目元の悩みを一気に解決!二重手術で若返り

目の下のくまやたるみは、その人の印象を暗くしてしまいます。特に一重の人や目があまり大きくない人は、目元の印象がとてもキツくなってしまうでしょう。目元のくまやたるみを取る以外に若返る方法として、二重の手術を受けるという選択肢があります。

二重手術の効果

人は加齢により目の上の皮がたるんで、まぶたが一重のように見えてきてしまいます。疲れているように見えたり怒っているように見えたりする場合は、二重手術を受けた方が良いです。目元は年齢が現れやすいところなので、しっかり対策を行なうことで明るく若い印象を与えられます。

手術方法を選ぶ

二重手術をすることで若々しい目になれますが、痛みが気になるなら埋没法を選んだ方が良いでしょう。

埋没法
二重手術の中でも若い人に人気の「埋没法」は、メスを使わずに針と糸を使って二重を作る施術法です。髪の毛よりも細い糸をまぶたの内側から留めるもので、巷では目元のプチ整形術としてよく知られています。およそ15分という短時間で施術が済み、抜糸ができるので万が一の時も修正が可能です。メスを使わないため、切開法よりも腫れず、効果も直ぐに実感できます。デメリットとしては、何かの際に糸が解けると、元の一重に戻る可能性があることです。切開法と比べて体への負担が少ないので、気軽にできる施術法と言えます。
切開法
「切開法」は、メスを入れて二重にする施術法なので、埋没法に比べて体への負担があり、恐いというイメージを持っている人も少なくありません。しかし、メスを入れることでしっかりとしたラインを作れるので、綺麗な二重を確実に実現できます。埋没法との違いであり一番のメリットは、持続力です。埋没法は糸が解けると元の一重に戻りますが、切開法は半永久的に二重を維持できます。術後は少なからず腫れが起こりますが、しばらくすると引きます。

埋没法を受ける心得

埋没法は糸でまぶたの皮を留めて二重を作るため、皮が厚かったり目を開ける力が弱かったりするとあまり効果を得られません。そうした場合は「埋没法適応外」になりますが、専門医の技術によって効果を得られることもあります。糸を留める数を調整することが鍵です。しかし、理想の二重を手に入れるためにまぶたの状態を正確に把握する必要があり、カウンセリングが重要になります。専門医に相談する際に、どのように対応してくれるかをしっかりと見て、信頼できるクリニックや専門医を探しましょう。

TOPボタン